PDFファイルを見るためには
Adobe Reader(無料)
が必要です。
【むし歯に関すること】

 乳歯のむし歯は、いずれ抜けて永久歯に生え替わるので痛くなければ放っておいても大丈夫ですか?


 乳歯の下には未完成の永久歯があります。乳歯のむし歯を放っておくと、やがて乳歯の根っこの先のところに膿(うみ)がたまってきます。この膿が未完成の永久歯を溶かしてしまい、生え替わった時には質の弱い形の変な歯になっていることがあります。またむし歯になっているために、正常な歯の大きさでなくなるため、将来の歯並びや噛み合わせにも影響が出てきます。 たかが乳歯と簡単に考えていると、子どもの将来にとても大きな問題を残す結果となってしまいます。





 糖分を多く摂るとむし歯になりやすいとよく聞きますが、なぜですか?


 むし歯になる大きな原因は、糖分がむし歯の原因となる細菌によって分解されて、酸を作ることです。つまり 、糖分を多く摂るということは、むし歯の原因を多くしているとも言えるからです。では、極端な話で砂糖を摂らなければむし歯にならないかというと、そういう訳にもいきません。確かに砂糖はむし歯の原因になる糖分の中で最も強いものですが、それ以外の糖分でもむし歯の原因になります。食品の中には、ほとんど糖分が含まれていますし、また糖分は栄養上不可欠なものでもありますから、摂らないことは不可能なのです。





 毎日しっかり歯を磨いているつもりなのですが、むし歯になるのはなぜですか?


 毎日歯磨きをしていても、正しく磨けている人は案外少ないものです。むし歯は磨きにくい部分に出来るもので、磨き残した部分には歯垢(プラーク)が残り、むし歯の原因を作ってしまいます。また、人によって歯の並び方はまちまちですから、磨き残しのできやすい場所も様々です。
 自分にあった正しい磨き方を歯科医院で一度教えてもらうことと、年に2〜3回は歯科医院で定期的に検診を受けられることをおすすめします。





 むし歯で歯の神経をとってもらった後、都合で歯科医院に通えなくなってしまいました。このまま放置しておくとどうなりますか?


 歯の神経をとると、一時的に痛みはなくなります。しかし、神経をとっただけでは治療は終わりではありません。神経をとった後は、炎症が落ち着くのを待って、神経の入っていた管に歯が腐ってこないよう防腐剤のお薬を詰め、最後に詰め物をしたり、金属を被せたりしてきちんと物が噛めるようにして終了です。しかし、神経をとったまま放置しますと、歯の中にばい菌が入り込み、やがて歯の根っこの先すなわち顎(あご)の骨の中まで炎症が進行していき、化膿してくることもあります。こうなると、再び痛みはじめます。また、神経をとってもむし歯の部分が残っていたり、再びむし歯になるとむし歯がどんどん大きくなり、歯が欠けてしまったりもします。
 一般的には、1年放置したとすると、抜歯しなければならないケースを多々見かけます。炎症の進行が著しい場合には、数ヶ月で抜歯に至ることもありますからご注意下さい。





【歯周病に関すること】


 歯石はなぜ付くのですか?また、どのくらいのペースでとればいいのですか?


 歯石は、取り残した歯垢(しこう)が長期間に渡って硬くなったものです。ですから一度歯石を取って、きちんと歯みがきができていればなかなか歯石は出来てくるものではありません。しかし、実際には完全に歯をきれいにすることは非常に困難なため、わずかに取り残した歯垢が徐々に歯石となっていきます。
 できれば、少なくとも半年〜1年に1回は定期検診を受け、歯垢の取り残しがないかまた、歯石が再びできていないかチェックしてもらうことをおすすめします。





 歯ぐきから出血があるものの、痛みは無いのですがこのまま放置しておいてもいいですか?


 「歯周病」がまず疑われます。これを放置しておくと、出血だけでなく歯の動揺をきたすようになり、固いものが噛めなくなってしまいます。
 一度歯科医院にて診てもらうことをおすすめします。また、「血液の病気」の可能性もありますから、あまり安易に考えないで下さい。





 最近、食事のたびに歯と歯の間にものが詰まります。以前はそのようなことはなかったのですが、何が原因なのでしょうか?


 健康な状態では、歯と歯の間は適度な強さで接触しています。食べ物がよく詰まるようになったのは、歯が揺れるようになってきたからではないでしょうか?歯周病の初期の可能性がありますから、一度歯科医院を受診されることをおすすめします。





こちらも参考になさってください

inserted by FC2 system